サービス内容黒字経営の事業者様へ〜相談したい気持ちに応えます〜

金融仲介機能のベンチマークを地域ごとに見る ~第37弾:愛知県編~

1.愛知県の地銀

愛知県はトヨタ自動車に代表されるように、製造業が盛んです。製品出荷額は約40年間連続一位ですし、製造業の就業者割合も全国首位です。

 

愛知県には第一地銀がなく、第二地銀が三行あります。名古屋銀行、中京銀行及び愛知銀行です。

主要指標は下記表のとおりです。規模の違いは大きくありません。

 

(全て単体の指標) 名古屋銀行 対愛知銀行比 中京銀行 対愛知銀行比 愛知銀行
経常収益(H29.3) 46,546 百万円 1.1 29,795 百万円 0.7 43,449 百万円
コア業務純益(H29.3)*1 6,631 百万円 1.0 3,292 百万円 0.5 6,716 百万円
修正OHR(H29.3)*2 81.9 % 84.8 % 79.5 %
経常損益(H29.3) 6,575 百万円 0.9 4,923 百万円 0.7 7,325 百万円
自己資本比率(H29.3)*3 12.0 % 9.2 % 11.6 %
従業員(直近) 1,948 1.2 1,258 0.8 1,651
県内貸出シェア(H29.3) 5 %   7 %   3 %
*1 臨時のものを除いた、銀行本業の収益性を示す指標          
*2 経費÷業務粗利益で算出。効率性を示す指標で低い方が良い。地銀の加重平均値は70.3%    
*3 名古屋銀行は国際基準、他二行は国内基準。国際基準では8%以上、国内基準では4%以上が義務付けられている。

 

愛知県の貸出シェアを見てみると、大手行が24%、他県の第一地銀が22%、信用金庫が28%となっており、愛知県における地方銀行の存在感は大きくはありません。

 

2.金融仲介機能のベンチマーク項目の比較

では、具体的に同ベンチマークの項目を見てきます。

(なお、項目の詳細な異同については末尾の(参考)に記載しておりますので必要に応じてご参照ください。

また、同ベンチマーク値の高低について他行と比較することがありますが、項目によっては銀行間で定義や集計方法が異なることがあります。そのため、必ずしも同じ前提での比較ではなく、参考程度である点くれぐれもご留意ください)

 

(1)名古屋銀行

共通ベンチマークは5つ掲載しています。 

数値面では、創業件数が1,810件と多いです。他行の中央値は300件程度です。

 

選択ベンチマークは6項目です。M&Aや事業承継については提言数や相談件数の実績値は掲載しているので、ベンチマークとしての情報も欲しかったですね。

数値面では、新規融資件数に占める経営者保証に依存しない融資の割合が9%と低めです。他行は20%弱ほどが平均です。

 

独自ベンチマークは3項目です。自己啓発セミナーへの参加者数は大変ユニークです。このような行員の意識付けを高めるようなベンチマークは良いと思います。

 

(2)中京銀行

共通ベンチマークは5つ掲載しています。

数値面では、まず経営指標等が改善した割合がやや低いです。H29.3期で47%のところ、他行は70%程度が中央値です。また、事業性評価融資の全体に占める割合が若干低いです。先数と残高ベースで各5%、6%となっております(他行平均は各10%,20%程度)。

 

選択ベンチマークは15項目です。項目数は多いですが、M&A支援件数や事業承継支援件数といった重要なものは欲しかったですね。一方、「法人担当者1人当たりの取引先数」、「リスク管理債権額(地域別)」は非常に珍しい項目です。

数値面では平均値に近い項目が多いです。

 

独自ベンチマークの2つは当行の重点分野がよく分かるものです。

 

(3)愛知銀行

共通ベンチマークは5つ掲載しています。 

数値面では、メイン先のうち経営指標が改善した割合が90%弱と高いです。一方、事業性評価融資の割合が低いです。H28.3期における先数と残高ベースで各0.7%、1.4%です。(なお、H29.3期については当割合を掲載していません)

 

選択ベンチマークは10項目です。

数値面では、全取引先に占めるメイン先の割合が少ないです。他行平均は40%台半ばのところ、当行は26%です。

 

独自ベンチマークはありません。

 

3.定性面の比較

(1)名古屋銀行.

名古屋銀行の経営計画は「より強く、より永く、より深く ~じもととの絆の深化~」です。計数目標の「事業性新規融資取引先数」「法人複合取引先数」あたりがユニークです。

 

金融仲介機能のベンチマークは取組とベンチマークの説明のバランスが取れています。独自ベンチマークもユニークでよいでしょう。

 

(2)中京銀行

中京銀行の経営計画における基本戦略は「人材育成と女性の活躍推進」「地域経済への貢献に向けた営業力強化」「経営効率の改善による体質強化」です。その内容はごく一般的なものです。

 

金融仲介機能のベンチマークは名古屋銀行と同様、バランスが取れているものです。特に、経営計画の各基本戦略に対応してそれぞれベンチマークを設けていますので、一貫性が感じられます。独自ベンチマークもその方向性で効果的に設定されています。

 

(3)愛知銀行

愛知銀行の経営計画の基本方針は「経営資源の選択と集中」「挑戦、スピードアップ」「地域社会への貢献」です。各施策もオーソドックスなものです。

 

金融仲介機能のベンチマークについては、推移に焦点が当てられており、変化が分かりやすいものです。一方、参考資料として中小企業向け融資残高に関する情報が記載されていますが、中京銀行と同様に独自ベンチマークにした方がよりメッセージ性が強かったのだろうと思います。また、地域活動や地方公共団体との連携についての定性情報もあることから、こちらもベンチマークを使って説明した方が分かりやすかったでしょう。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(※1)金融仲介機能のベンチマークについては、2017年5月13日のコラムで説明しております。

 

(参考)

(1)各行が掲載している金融仲介機能のベンチマーク

①名古屋銀行

共通ベンチマーク

1 金融機関がメインバンク(融資残高1位)として取引を行っている企業のうち、経営指標(売上・営業利益率・労働生産性等)の改善や就業者数の増加が見られた先数(先数はグループベース。以下断りがなければ同じ)、及び、同先に対する融資額の推移

2 金融機関が貸付条件の変更を行っている中小企業の経営改善計画の進捗状況

3 金融機関が関与した創業、第二創業の件数

4 ライフステージ別の与信先数、及び、融資額(先数単体ベース)

5 金融機関が事業性評価に基づく融資を行っている与信先数及び融資額、及び、全与信先数及び融資額に占める割合(先数単体ベース)

 

選択ベンチマーク

 1 全取引先数と地域の取引先数の推移、及び、地域の企業数との比較(先数単体ベース)

2 メイン取引(融資残高1位)先数の推移、及び、全取引先数に占める割合(先数単体ベース)

11 経営者保証に関するガイドラインの活用先数、及び、全与信先数に占める割合(先数単体ベース)

16 創業支援先数(支援内容別)

18 販路開拓支援を行った先数(地元・地元外・海外別)

39 取引先の本業支援に関連する研修等の実施数、研修等への参加者数、資格取得者数

 

独自ベンチマーク

1 法人複合取引先数

2 企業価値向上を支援する法人向けセミナー、商談会の開催件数

3 自己啓発セミナーへの参加者数

 

②中京銀行

共通ベンチマーク

1 金融機関がメインバンク(融資残高1位)として取引を行っている企業のうち、経営指標(売上・営業利益率・労働生産性等)の改善や就業者数の増加が見られた先数(先数はグループベース。以下断りがなければ同じ)、及び、同先に対する融資額の推移

2 金融機関が貸付条件の変更を行っている中小企業の経営改善計画の進捗状況

3 金融機関が関与した創業、第二創業の件数

4 ライフステージ別の与信先数、及び、融資額(先数単体ベース)

5 金融機関が事業性評価に基づく融資を行っている与信先数及び融資額、及び、全与信先数及び融資額に占める割合(先数単体ベース)

 

選択ベンチマーク

 3 法人担当者1人当たりの取引先数

7 地元の中小企業与信先のうち、無担保与信先数、及び、無担保融資額の割合(先数単体ベース)

8 地元の中小企業与信先のうち、根抵当権を設定していない与信先の割合(先数単体ベース)

11 経営者保証に関するガイドラインの活用先数、及び、全与信先数に占める割合(先数単体ベース)

12 本業(企業価値の向上)支援先数、及び、全取引先数に占める割合

14 ソリューション提案先数及び融資額、及び、全取引先数及び融資額に占める割合

15 メイン取引先のうち、経営改善提案を行っている先の割合

18 販路開拓支援を行った先数(地元・地元外・海外別)

20 ファンド(創業・事業再生・地域活性化等)の活用件数

27 リスク管理債権額(地域別)

33 運転資金に占める短期融資の割合

34 中小企業向け融資や本業支援を主に担当している支店従業員数、及び、全支店従業員数に占める割合

35 中小企業向け融資や本業支援を主に担当している本部従業員数、及び、全本部従業員数に占める割合

39 取引先の本業支援に関連する研修等の実施数、研修等への参加者数、資格取得者数

42 地域経済活性化支援機構(REVIC)、中小企業再生支援協議会の活用先数

 

独自ベンチマーク

1 女性管理職、及び、女性支店長の人数

2 中小企業等向け融資残高

 

③愛知銀行

共通ベンチマーク

1 金融機関がメインバンク(融資残高1位)として取引を行っている企業のうち、経営指標(売上・営業利益率・労働生産性等)の改善や就業者数の増加が見られた先数(先数はグループベース。以下断りがなければ同じ)、及び、同先に対する融資額の推移

2 金融機関が貸付条件の変更を行っている中小企業の経営改善計画の進捗状況

3 金融機関が関与した創業、第二創業の件数

4 ライフステージ別の与信先数、及び、融資額(先数単体ベース)

5 金融機関が事業性評価に基づく融資を行っている与信先数及び融資額、及び、全与信先数及び融資額に占める割合(先数単体ベース)

 

選択ベンチマーク

 2 メイン取引(融資残高1位)先数の推移、及び、全取引先数に占める割合(先数単体ベース)

5 事業性評価の結果やローカルベンチマークを提示して対話を行っている取引先数、及び、左記のうち、労働生産性向上のための対話を行っている取引先数

11 経営者保証に関するガイドラインの活用先数、及び、全与信先数に占める割合(先数単体ベース)

14 ソリューション提案先数及び融資額、及び、全取引先数及び融資額に占める割合

15 メイン取引先のうち、経営改善提案を行っている先の割合

16 創業支援先数(支援内容別)

18 販路開拓支援を行った先数(地元・地元外・海外別)

19 M&A支援先数

21 事業承継支援先数

22 転廃業支援先数

 

独自ベンチマーク

なし

 

(2)各行における金融仲介機能のベンチマーク

名古屋銀行

https://www.meigin.com/about/pdf/benchmark/benchmark28.pdf

 

中京銀行

https://www.chukyo-bank.co.jp/download/ckeditor?fileNm=20171031090052%2F20171031091204.pdf

 

愛知銀行

http://www.aichibank.co.jp/company/disclosure/community/documents/hakki201710.pdf

 

(3)各行における経営計画

名古屋銀行

https://www.meigin.com/release/files/4a04b3b8d5b68e2a07317ddc5fc9de53696a844f.pdf

 

中京銀行

http://ke.kabupro.jp/tsp/20150403/140120150403430855.pdf

 

愛知銀行

http://www.aichibank.co.jp/company/disclosure/plan/management_plan.pdf

 

(4)各行における指標の引用元

基本的には各行のWebサイトより引用しています。修正OHRについては「月刊 金融ジャーナル2017 9月号」、県内貸出シェアについては同「増刊号 金融マップ2018年版」より引用しています。

 

 

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ

gotop