サービス内容黒字経営の事業者様へ〜相談したい気持ちに応えます〜

リスケは簡単?

リスケと聞いて、どんなイメージを持ちますか。

リスケというのは銀行からの借入金返済の繰り延べです。

つまり、銀行からお金を借りた当初に約束した返済のスケジュールを遅らせること。

ここから連想されるのは、銀行が嫌がるのではないかという思いではないでしょうか。

つまり、本当に可能なのかと。

 

実は、結構簡単にできるのです。

もちろん、銀行の担当者によってはリスケを嫌がるケースもあります。

行内の手続きがとても大変ですからね。

でも、銀行を管轄する金融庁がどんどん中小企業の経営改善を進めなさい、と指示を出していることも有り、時流としてはリスケをしやすい環境です。

 

また、根本的に銀行にとってもメリットがあるのです。

 

どういうことでしょうか。

銀行にとって一番大切なのは元利金の回収額を最大化することです。この視点からすると、一見返済の繰り延べというのは回収額を少なくするように見えるかもしれません。しかし、これ認識は必ずしも正しくはありません。銀行は短期的な視点のみで回収額を判断していないのです。

 

返済が厳しくなっている会社というのは業績が悪化しているのが通常です。ここで回収を続けていくと、早晩資金繰りに行き詰ることになるのは勘の良い銀行なら分かります。その先に待っているのは倒産です。倒産時に銀行が回収できる金額は微々たるものです。であれば、一時的に返済を止めてでも、きちんと会社に業績改善してもらって、回収額の最大化を図ることになるのです。返済が先延ばしになった分、利息を稼ぐこともできますしね。

 

リスケは銀行にとってもメリットがあるから、実現へのハードルは意外に低いということがお分かりいただけたでしょうか。

 

想像してください。

 

細々とした資料を作って銀行に提出したり、膨大な数の質問に忙殺され、本業に集中できない現状から解放されるのです。

 

自分のやりたいことをやって、売りたいものを売って、どうやれば利益を増やすことができるか、本来の仕事に集中できるのです。

 

なんと楽しいことではないでしょうか。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォームへ

gotop